健康・病気

業務災害・労働災害(労災)が起きた時の申請手続きと書き方

投稿日:

広告

私が体験した労災事故発生の対処方法(忘備録・備忘録)!

先日、機械の隙間に左足を踏み外して創傷(そうちょう)を負ったものです。

下落はたかだか40cmほどでしたが、意外に(思いのほか)キズが深くてビックリ!!!
落差40cmほどで、この衝撃ですから、まともに転墜落したらタダでは済まないのは容易に想像出来ました。

ズボンをはぐるとやっぱりなという傷・・・
傷というより穴が開いている!!!

当たり前の話しですが、血が出ている・・・

1:ケガして動転してるので、出来るだけ冷静になるようにする。

2:傷を見てみる。

3:自力歩行が出来るか、骨まで損傷してるか、歩けるか確認する。
*ただ、頭を打ってる時は、むやみに動かないで下さい。

4:受け入れ可能の病院を探し、病院までの移動手段を考える。
*労災発生時の手順は、KY用紙などと一緒にあるはずです。
*病院が労災指定病院か聞いてみる事。

5:病院に行き手当をうける。

6:労災である旨を確実に伝え、労災申請する。
*医療費は労災の財源から支払われるため本人負担は原則ありません。
*病院が労災指定病院でない場合は、一度全額自費で立て替え払いして、後日返金手続きの必要な場合があります。

以上が労災発生から、病院までの基本的な流れだと思いまう。

スポンサーリンク

労災申請はめんどくさいし、関係者に迷惑がかかるので、健康保険でこっそり治す人が後を絶たない理由が分かったかも!

今回の私の労災では、元請けさんも病院も、労災後のケガの処理方法がイマイチ分かってなかって感じでした!

私の会社は従業員が少なく、労災申請するのが10年に1度とかでして、自分の会社も労災の手続きを把握していませんでした。

そして、もちろん私も労災が発生した時の、対処方法や申請の手順を知りませんでした。
ここは、大きな反省点です。

以下に今回の私の身に起きた経験を書いていきます。

左足を踏み外して落下した足が鉄にあたり、痛みがはしる!!!

1:事故発生(労災発生)

2:キズ口の確認のため、ズボンをあげる。

3:左足のふくらはぎに5cm×5cmくらいのL型の深いキズ!!!

4:衝撃がそこそこあったので、骨や神経や血管が損傷したかと心配になる。
なんか肉が無くなったような傷でした!

5:自力歩行が出来る事を確認→歩けるので少し安心しました。
現状では、大きく骨や神経や血管が損傷していないようですが、歩いて病院に行く元気はありませんでした(泣)。

6:瞬時に病院への連絡番号が「安全標識」に記載されていたのを思い出すが、今回のケガで骨や神経や血管を傷つけていないか?
歩いて病院に行って、歩いた事によりキズがひどくなったり、病院探しに手こずるかもと思い救急車を要請しました。

7:救急車が5~10分で到着
救急車に乗り込むも、数件の病院に受入を拒否をされて、病院探しに手こずる。
*救急車内で病院探しに手こずる

8:14時くらいのようやくケガの処置が始まる。
なんか長かった・・・

9:「健康保険証はありますかって?」って聞かれたので、健康保険証を提示?
*単なる住所確認か本人確認かと思っていた。

10:一般と同じ処理をされて、治療費を機械に向かって現金で支払い一件落着って訳ないですよね!

労災なのに治療費を健康保険の財源で支払ってはダメですよね・・・
そんな事は知っているのですが、病院では一方的に3割負担の健康保険利用で処理されてしまいました?!
最後は機械で会計でしたので、「お金かかるの?」って機械に聞く事も出来ないし、最初はお金がかかるのかもと思い?
お金を払ってしまいました。
それが後に面倒な事態に・・・

労災の申請は様式第5号というA4用紙1枚だけで済むんですね?

会計が終わり、会社に戻ってから医療明細書に「3割負担」と記載されている事に気が付く!!!

あれー
まさか医療会計のプロである大型病院の受付が間違うはずがない・・・

しかし、病院に一応電話したところ、、、
「労災か保険治療か選ぶのは患者さんなので」
「どうさされます?」と言われ・・・

私が「労災での治療以外考えてないです」と言うと、
「受付で労災っていいましたか?」って、ちょっとキレ気味で質問され

私が「口頭で説明したか覚えていませんが、問診表で仕事中のケガと記載しました」と言うと、
「受付で言ってもらわないと」みたいな感じで言われました?

「今月ないであれば、領収書をもって来てもらえれば返金します」との事でした。
労災に関しての手続きの方法は教えてもらえませんでしたので、ネットで調べました。

私も受付で「労災」と言わなかったのも悪いですが、作業服で救急車で運ばてきて、問診表に仕事中のケガと記載して、作業服にも血痕が付いてるんだから、明らかに労災を疑うのが、労災指定病院でもあり医療会計のプロがそろうはずの大病院なのだから、なかったのかな?と疑問に思いました。
こちらだけに非があるの物の言い方は、優しさや親切さを病院には感じませんでした。

明日病院にいって、労災の手続きをして返金されました。
病院に行くと、私の印が押されてないので、私が出した申請書が冷たく戻されました・・・
またか、感じの悪い受付です。
印鑑を買いに、縫って傷も痛いが歩き回る羽目に(泣)
なんとか印鑑を購入して病院に戻るも1時間のロス・・・
なんで、昨日手術を受けた人をあるかせるかなーって思いました。
まあ、印を押さないで持ってきた私が悪いんですけどね。
それにしても、印は後日でいいとか、免許証や保険証提示でいいとか、優しさが感じられない病院会計でした。

労災申請、労働災害、業務災害の療養の「様式第5号」給付請求書記入例(書き方)

申請は下記の見本の様にA4用紙1枚に書くだけ

写真

しかも、上記の紙をみると「自筆の署名の場合は押印の必要はありません」と書いているではありませんか!
どんだけ、不親切な病院なんだろうって思いましたね!

労災を起こした本人は、ケガで動転しているし、そもそも労災は滅多に起こらないから、手続きには精通していない場合が多いと思う。
そこを医療会計のプロである病院がサポートしてくれれば、「自筆の場合、印は必要ないんです!」なんて事にはならなかったと思います。

工事・建築業関係の方は、労災に遭って申請で迷わないように、事前の準備が大事だと感じました。

労災に必要な療養の給付申請書(様式第5号)は厚生労働省のホームページよりダウンロードできますので、わざわざ取りに行かなくても入手可能です。

写真

ひな形(書き方)もダウンロードできます。

しかし、数字の1の書き方が標準ではない?

写真

上記の画像は、ダウンロードした書き方(ひな形)ですが、右上「1」の書き方が間違っています。
注意書きに「機械で読み取るので、標準字体の例を見て記載して下さい」と書いてあります。

たぶん「1」でも読み取りOKなのかもしれませんが、ひな形が間違っているため、書く方は混乱してしまいます。
1は|と書く・・・
たんなる縦棒の1です。

わたしも1と書いてしまい、|に書き直しました。
上記画像で言うと、緑枠内の1が正解
赤枠内の1が間違いですね。

まあ、認識できれば良いのかもですが、病院でもゴタゴタがありましたので、少し疲れちゃいました。

止めときゃ良かったかな労災申請、翌日元請けさんから診断書はどうしたんだと、すごくせかされる!

もう一般会計?
いや、健康保険証で治療費を1回支払ってしまっている。
このまま黙っておけば良かったかなって、思う人の気持ちが分かった気がします。

元請けさんもね、あまりせかさないで欲しいと思いました。
そもそも、最初の指示が間違っている。
病院から何か書類がもらえるって・・・

申請書類は、こちらで用意するものでした。
元請けさんも病院も、やり方が間違っている。
だから、申請がスムーズにいかないんだ。

まあ、ケガした私が一番悪いんですよね。
それは分かってます。
色々考えるとね、労災って面倒だし、あのままお金払って、
何もなかった事にした方が、良かったんじゃないかな?
なんて事が頭をよぎる・・・

ただ、労災の治療は健康保険の財源とは別なので、健康保険を使う事は、お金を騙し取ったと思われる可能性があります。
労災隠しは後を絶たないのかもしれませんが、隠すと隠さない以上に色々な問題が発生するかもです。

今後は、

労災を起こさように、危険予知活動(KY)に力を入れている、力を入れているふりをしている会社は多いと思います。
しかし労災発生後に、どうするかが決まっていない会社も多いのではと思います。

しかも、現場場所がころころ変わる工事現場だと、拠点病院をきちんと設定しないまま工事に入る事も多いと思います・

そこで、労災申請用紙も事前に用意しておくことも大切ですし、ケガ人の搬送をスムーズにするため、拠点病院の候補も数病院ピックアップしておかなければいけない事が分かりました。

今回の件を元に、緊急事故発生時のケガ人の搬送手順も、しっかりしたものを作成したいと思います。

コスト面でも、完全な安全対策を施すのは難しいと思います。
よって、労災を「ゼロ」にするのは不可能と感じています。

だからこそ、ケガ人のスムーズな手当の手順も重要だと感じました。

事故は起こさないのが一番ですが、人はミスをする生き物です。

今後、同じ事故が現場で起こらないように、出来るだけ多くの事や人に注意を払いたいと思います。

最後に、救急搬送の方、病院の医師の方、看護師の方、同僚の方ありがとうございました。
この度は、私の不注意による事故を起こし、すみませんでした。

by管理人

-健康・病気
-,

Copyright© オキテルサン(おきてるさん)の日記 , 2018 All Rights Reserved.